任天堂の発展の秘密は時代を見通す眼力にあった

任天堂はその歴史をさかのぼりますと、もともとは花札やトランプなどを製造・販売する小さな会社でした。
任天堂の発祥の地は京都です。
京都という土地柄からか、花札が盛んで、花札を作っていたころにはそれなりに地元では知名度が高かったようです。
しかしながら、時代の流れとともに花札文化は衰退の兆しを見せ始めました。
そこで次に着手したのが、トランプだったというわけです。
このトランプは、ディズニーのキャラクターなどを用いたもので、時代のニーズに合っていたといえるでしょう。
その後も順調に発展を続けていき、自宅での遊具といえばトランプ、という時代もありました。
トランプは遊具の王様とも言える製品で、今でも根強い人気を誇っています。
しかし、トランプだけでの経営にも限界を感じた任天堂の山内氏は、「これからはコンピュータ時代の到来だ」と、コンピューターに着目しました。
このころから時代を見通す目を持っていたといえるでしょう。

wii u ポイント

トンネルブレーカ

コンピュータジャンボ

コーンクラッシャをお探しならこちらをご覧ください。

サンドビックの自走式スクリーン